見つけた!仕事ができない人の共通点はコレ1つ?

今回は、『仕事ができない人からの脱却法』についてお話ししていきます。

結論から言うと、「仕事ができない人はPDCAサイクルができていない!」と言えます。

こんな偉そうなこと、今でこそ言えますが、私自身、全く知らないことでした。

仕事ができないヤツだった

今でこそ、こんな転職アドバイスのサイト運営をしている私ですが、仕事を始めたばかりの頃は、典型的な「仕事ができないヤツ」でした。

頭の中では「自分はなんでこんなにダメなんだろう・・・?」と本当にもう、自分を責めていました。

「仕事が楽しくない!」

「やる気が起きない!」

典型的なダメなヤツですよね(笑)

仕事をしても、ミスばっかり、ヘマばっかり。

新しいことをやろうと思っても、3日坊主にすらなれない・・・

すぐに、「自分には向いていない」と諦めてしまうような人間でした。

上司にも毎日毎日怒られ続け、ちょっとノイローゼも入っちゃってたと思います。

鬱もちょっと入ってたのかも。

自分で自分の事が嫌になっていました。

私が変わるキッカケになったPDCAサイクル

PDCAサイクルはご存知でしょうか?

このPDCAサイクルを知って、深めていくとわかったことですが、これができていないと、30代になった時に、どこに行っても仕事ができないんです。

「仕事ができない」というよりもは、「仕事がなくなる」と言った方が適切かもしれません。

当時、ダメダメだった私は、30歳以上の人がPDCAサイクルができていないと、仕事がなくなるって知らなかったんです。

今回は、そんなPDCAサイクルの考え方についてお話ししていきます。

  1. P=Plan(計画)
  2. D=Do(行動)
  3. C=Check(評価)
  4. A=Action(改善)

こんな理論を出すと、「これって、会社を経営する人が勉強するようなことなんじゃ?」という事を言う人もいますが、

会社の一社員でも知っておくと、他の社員(同僚)や直属の上司を抜く事だってできます。

つまり、PDCAサイクルを実践できると、

一生仕事に困らない「できるやつ」に生まれ変われる事ができる上、

仕事上、業績を生む事も今よりも簡単になるんです!

最初から完璧なPDCAサイクルを実践することなんて誰にもできません。

最初は「こんな感じかな?」という簡単なもので構いませんので、PDCAPDCAPDCA・・・と繰り返し繰り返し実践していくことが重要なんです。

その行動、計画を立ててやっていますか?

それでは、簡単にPDCAサイクルを順序立ててお話ししていきたいと思います。

PDCAサイクルを考えるとき、逆算して考えると、わかりやすいです。

まずは、「Do=行動」から。

仕事をする上で、行動って毎日起こしていると思います。

➡︎電話をすること。

➡︎書類を書くこと。

➡︎現場職の方であれば、資材を調達すること。

➡︎飲食の方であれば、ドリンクを運ぶこと。

なんでも、行動を起こして仕事としていると思います。

でもでも、その行動って計画がある上の行動ですか?

と、自分の中でもう一度問うてみてください。

無計画な行動に成果は付きにくいものです。

行動を起こした後に必ずすべきこと=チェック

そして、どんな小さな仕事の行動でもいいです。

その行動をとった後に、しっかりと自分でチェックができているか?も大切です。

「今の電話、本当にこれで正しかったのか?」

そう、自分の中で考えるだけでいいです。

後は“自動で”思考が巡りますし、自己評価することは癖付きます。

外的評価は上司に肩代わりしてもらう

また、この「D」には、自己評価以外にも、外的評価も入ります。

最初、自分がやっている仕事のやり方が正しいかどうか?なんて、自分でもわかりませんよね。

そういったときに、上司の力を借ります。

上司に評価を肩代わりしてもらうのです。

嫌かもしれないですが、最初は仕方がないですし、結果的にあなたも楽をできます。

そして、この時のコツは、「なるべく仕事ができる上司に評価評論してもらうこと」です。

言わなくてもわかると思いますが、仕事ができない上司に評価を繰り返しやってもらっていると、あなたも仕事ができない人の仲間入りします。

頭ではわかっていても、上司の意見を聞く時には、なるべく優しい人の意見を聞きに行っちゃう人が多いです。

ですが、「優しいけど、仕事ができない上司の意見」は、私だったら参考にしませんね。

評価はなるべく厳しくしてもらいましょう。

『上司の評価を受けるのは、3ヶ月間だけ!!』

と、あなたの中で決めてしまうことがいいでしょう。

そうすれば、多少厳しい評価を受けたとしても、

「今は我慢の時期だ!」

と成長することができますからね!

やってみたことはチェックして悪いところは改善する

一連の流れの中で、私が最も重要視している部分です。

改善改良ですね。

あなたがやっている仕事、計画も目的もなく、ただひたすら毎日、単純業務をこなすだけというものであれば、それはもうやる気なんて出ないですよね。

しかし、単純業務の中にも、改善できる部分は多くあることがあります。

➡︎もっと早くやるためにはどうすれば?

➡︎もっと効率良くやるためには?

➡︎もっと人数を減らしてもいいのでは?

➡︎この仕事を極めると、どうなる?

と、自分に問いながら作業をしていると、必ず見えてくるものがあります。

そこを改善してあげることが大切です。

その改善をせずに、単純業務をこなしていては、毎日何も変わらないからです。

そして、改善ができたら、そのことを盛り込んだプランニングを再度立てる。。。

と[P]に戻るわけですね。

まとめ

ということで今回は、『仕事ができない人からの脱却法』についてお話してしていきました。

仕事ができない人というのは、無気力だったりします。

ですが、私のようにPDCAサイクルを知るだけで、今後の仕事のハリが変わることだってあるんですね!

あなたも「自分にもできそう!」と思ってもらえたら取り入れてみてくださいね!