実際どう?転職エージェントって敷居が高そうで気が引ける…

amanita-Rいらっしゃいませ。アマニタです。

みなさま、転職エージェントを利用されているでしょうか?きっと、この記事を見ているということは、これから転職エージェントを使おうか迷っているのでは?

一般的な転職サイトといえば、リクナビNEXTのような「求人情報 検索サイト」ですよね。

転職エージェントと求人情報検索サイトの違いは、検索サイトは利用登録さえすれば、いつでもどこでも掲載されている求人広告の中から仕事情報を得られるというのに対して、転職エージェントは登録後に面談(カウンセリング)をし、エージェントが選び抜いたマッチした求人を紹介してもらうという形です。

その他にも、面接までに必要な書類の準備をサポートしてくれたり、面接の日程を調整してくれたり・・・とメリットはたくさんありますので、詳しく解説していきます。

転職エージェントに対して、敷居の高さを感じて利用するか迷っている方も少なからずいらっしゃるようですが、正直もったいない!です。

転職エージェントは敷居が高い?

転職エージェントに敷居の高さを感じている人の中には「転職エージェントを利用すると、絶対に転職しないといけなくなるのでは?」という不安を持っている方もいらっしゃいます。

検索サイトだと、顔を合わせずに気になった求人を自分の判断だけで選ぶことができますから、エージェントと面談をしなければいけないことがハードルになっているのでしょう。

自分のペースで転職活動できる?

相談者

相談者
転職を急かされそう…自分のペースで転活できないのでは?
アマニタ

アマニタ
これは一理あるかもしれませんね(笑)

転職エージェントの仕事は求職者の内定を取る!ということですから、それが成立しなければ会社は倒産してしまいます。

エージェントたちは、内定者を出すために日々の努力をしていますし、会社の最大の目標と言えるでしょう。

ですが、転職エージェントに登録をする人が全員「今すぐ客」ではないことはエージェント側もわかっていますから、あなたのペースで転活したい場合は、しっかりとその旨を伝えること。そして、「良い求人が“あれば”転職を考えている」というニュアンスを伝えましょう!(頑なに自分のペースで…ということだけを伝えてしまうと非公開求人を紹介してもらえない可能性があります)

電話やメールはしつこくない?

相談者

相談者
登録すると、しつこく連絡が来そう…

稀に、メールや電話がしつこいと言う口コミを目にしたりもしますが、多くのエージェントは良識がありますから、しつこくは来ないと思います。ですが、登録をするとすぐにその場で求人情報を見れる転職サイトとは違い、転職エージェントでは「登録後に面談」という流れが普通になります。

ですから、登録後はその面談の設定のために、メールなり電話なりで連絡が取ることは必須です。

あまり転職活動に時間が割けないんです

相談者

相談者
時間がないのに何度も面談に行かないといけないのでは?
アマニタ

アマニタ
スムーズにいけば一度の面談でOKです♪2回目以降の面談は希望制が基本

検索サイトをメインで利用していると、最初に面談をしないといけないのかぁ…と考えるだけで少し億劫になってしまうかもしれませんね。しかし、私はここは気持ちを切り替えて、最初に少しだけ時間の投資をしてみるべきだと考えます。

転職エージェントに登録をして、あなたのことを本当に理解してくれる担当者に当たった時、その時には充分に時間の回収ができますし、それ以上に「探していた理想の求人」と出会えます。

残念ながら、すべてのエージェントがあなたの理解者とはいかないので、最初の段階では3社ほどの面談を受けた方がベターではありますが、それでも充分にメリットの方が上回っている!と言えるでしょう。

フツーの検索サイトで充分?

検索サイトの魅力といえば、インターネット回線と端末(パソコン・スマホなど)さえあればいつでもどこでも検索ができる!ということですよね!

こちらの便利さは、使ったことがある方であれば、すべての人が実感しているはずです。一昔前までは、サイト内の情報だけでは不十分で、情報誌の方が地域密着型の求人が多かったりもしましたが、これだけネットが普及してくれば、そのシェアは大逆転!

“あなたの住んでいる地域”“希望年収”“興味のある職種”の仕事を検索することができるわけですから、それだけで充分!と思う気持ちもわかります。

転職エージェントは面倒なサービス?

「そもそも、好きな場所で好きな時間に仕事を探すことができるツールがあるのに、人と面談をしながら仕事を探していくことは時代に逆行しているのでは?」という質問をいただいたことがあります。

確かに、一理あります(笑)

ですが、転職エージェントであなたの担当になる「転職案内人」は“ただの人”ではありません。

彼らは、転職のプロであり、企業と求職者とを繋げる仲介人なんです。そんな彼らのサポートを受けることで年収アップ転職や、キャリアアップ転職を実現させてきた転職者は多くいます。

転職エージェントのメリットは?

検索サイトで自分で検索をすることよりも、メリットが大きくなければ、わざわざ時間を割くことにも抵抗が出ますよね。

わざわざ、交通費まで使って、プライベートの時間も割いて案内人との面談をしたにも関わらず、結局紹介された求人が自分でも検索したことがあった…何度も見たことがあった求人…なんてことになれば、無駄足です。

では、そうではないのでしょうか?なぜ、多くの転職エージェント利用者が転職を成功させてきたのでしょうか?

それには、転職エージェントを利用することの大きなメリットが存在するに他なりません。大きく2つのメリットがありますので、まとめていきましょう。

転職エージェントのメリット① 専任コンサルタント

まず特筆すべきは「専任のコンサルタント」が付いて一緒に転職活動をサポートしてくれるという点でしょう。

彼ら「転職のプロ」が、あなたの為に行ってくれる(代行してくれる)ことは様々です。

◆ヒアリング(面談)
・あなたが何故転職したいのか?
・転職で改善したいことは?
・どんな職種を希望しているのか?
・希望職種の最近の実情
・転職における必勝法

などなど…面談をしながら、あなたが本当に求めていることを割り出してくれます。多くの転職エージェントの担当者は気さくな方が多いですし、面接ではなく単なる面談ですから、お茶をするくらいの気軽な感じで問題ありません。

経験のある担当者は、世間話の中からもあなたの希望を導き出してくれます。

◆提案
ヒアリングの後は、あなたの希望に近い求人をピックアップして提案してくれます。要するにあなたは検索をする必要がないんです。転職エージェントを利用する方の多くは「転職活動に割く時間がない!」という忙しい方が多いですから、「面倒なことは担当者にやってもらいたい!」と、思い切って投げてしまって構わないでしょう。

ここでのポイントは、一発で希望の求人が出てくることは期待しないことです。特に1度きりの面談しかしていないのであれば尚更で、何度か提案を受けながら“擦り合わせ”をしていく根気は必要です。

◆職務経歴書の準備
実際に受けてみたい求人が決まれば、次は職務経歴書(履歴書)の作成に取り掛かります。

ご自身だけで職務経歴書を作成していると、どうしてもあなたの人間性を表現できずに、資格や職種の「情報オンリー」な職務経歴書が完成してしまいますよね。

この時にも、担当者がいることによって、あなたの本当の魅力を引き出してくれます。

あなた自身から見れば「こんなのはアピールポイントにならないだろー」と記載しなかった内容でも、担当者が『是非書き込みましょう!』というアドバイスを受け、書いた結果、面接で大変好評だった。という話は珍しくはありません。

この辺りは経験があるプロならではでしょう。

そして、作成した職務経歴書を複数添削して、企業の書類選考に提出するのも担当者が代行してくれます。

◆スケジューリング
忙しい中で、転職活動をしていると、幾つかの企業を希望しているけれど、スケジュールの都合上1-2つの企業に絞らなければならないことがよくありますよね。

それは、在職している以上、しっかりと仕事をこなさなければならないし、面接を受けるなら休日のプライベートを削るか、平日しか面接をしていない企業を受けるなら有給を取るしかないからです。

こんな時にも担当者が力を発揮してくれます。

例えば、一件どうしても受けたい企業があり、その書類選考が通ったとします。

その面接は平日のみなので、あなたは有給を取るしかありません。が、どうしても受けたい求人なので、ストレスなく有給を取りました。

転職案内人からの申し出はこうです。

『せっかく有給を使って面接を受けるのであれば、あと2-3社の面接を入れませんか?他にも希望していた企業がありましたよね?』

確かに、平日しか面接をしないから、、、と流していた企業の求人がありました。その面接のためには有給を取るのは億劫だな。。。と感じていた求人です。ですが、この提案により、結果的に1日の有給で3社の面接を受けることに成功しました。

個人で面接日の設定をしていると、企業側からの面接設定日を動かすことができないのが常ですが、転職エージェントを介せば、このように効率良くスケジューリングできます。

◆交渉
私は個人的に、コレが担当が付くメリットとして最も大きいと感じています。

転職を考える際に、今勤めている会社に何かしらの不満を持っていますよね?

その不満に思う箇所は人それぞれ違うと思いますが、主に「給与」「勤務時間」「人間関係」「待遇」「将来性」などが挙げられます。

後者の「人間関係」「待遇」「将来性」は確定要素ではなく感覚的な部分も含まれていますが、、「給与」「勤務時間」は事前に確定しておかなければ、転職失敗の可能性を含んでいます。

仕事検索サイトなどを利用して、個人で転職活動をする場合には、なかなか交渉しづらい部分であると思いますが、転職エージェントになら、気軽に聞ける部分だと思います。

求人情報を見た時に、給与の部分がネックで応募を決断できない時、担当者と相談の上で給与交渉をしてくれることがあります。

サイトを使って仕事検索をしている時に「あと20万円でも年収が高ければ、こんなに良い求人はないのに…」という思いをしたことはないでしょうか?そういった“惜しい求人”にもアプローチができる!ということですね。

また、家庭の事情などもあって、どうしても○時以降は働けない!という希望があれば、入職前に絶対に伝えておきたいですよね。こちらも個人で転職活動をしている場合は、面接官に伝えるとマイナス要素になってしまう可能性がありますが、転職エージェントは担当者が事前に必須事項として伝えてくれるので安心できます。

◆アフターケア
「入職してからのトラブルを防ぎたい」

「こんなはずじゃなかったのに…」

という思いをしないためのサポートもしてくれます。

先ほどのお話と重複する点もありますが、遠慮して入職前には伝えなかった「勤務時間」など、「募集要項には○時までと書いてあったから、そのつもりでいたのに…実際に働いてみたら残業が多い…」こんなことが転職業界では多々あります。

それでも転職をしてしまったからには後戻りできないですよね。

直接職場の方に言ってしまうと揉め事になりそうだ…と判断した場合、その思いを担当者が代弁して交渉くれます。

他にも、試用期間後は基本給与+手当が付くという契約だったはずなのに、試用期間を終えても会社から何にも言ってこない…などのトラブルもありますが、こういった“言いづらいこと”を代弁してくれるのは本当に嬉しいです。

転職エージェントのメリット② 非公開求人

メリットの2つ目!

転職エージェントで紹介してもらえる求人は、一般の検索サイトで手に入るものとは一味違います。

一般的な仕事検索サイトには「ハローワークインターネットサービス」に始まり「各社が発行している求人情報誌」「民間企業がしのぎを削っている転職サイト」などなど…数多くありますが、どのサービスも“いつでも誰でも見れちゃう”という属性を持っていますよね。

これは、利用者から見れば最大のメリットですが、運営側から見れば大きなリスクと言えます。

それは、同業他社からの閲覧もできるからです。

転職エージェントは、対面での仕事紹介をしますから、その人物がどう言った人なのかは“目で見て判断できる”んです。

だからこそ、一般公開できないような好条件の求人を求職者の方に提案できる!というわけですね。

これらの非公開求人は、転職エージェントを初めて利用する方であれば「今まで見たこともない好条件だ!」と感じると思います。

なぜそれだけの好条件が出せるのか?

当たり前のことかもしれませんが、人材会社にとって一番の売り物はこの求人情報になります。そのどれもが運営会社が足を使ってゲットしてきた情報になりますが、その中でも突出した好条件の求人は一般公開してしまえば求職者は皆が飛びつきますし、同業他社に見られれば“盗まれる可能性”を秘めています。

もはや企業秘密とまで言えるレベルかもしれませんね。

そういった情報を公開するわけですから、提案する側もしっかりと信頼できる方に紹介する必要があるのです。

転職エージェントを選ぶポイントは?

「大きな会社=求人数が多い」これは間違いありませんが、求人数が多いことがあなたの目的の求人が見つかる!と言い切れるわけではありません。

どういうことかと言うと、転職エージェントの中には“専門性に特化したサービスに注力している会社がある”ということです。

大きな会社は広く浅く求人を取り扱っている傾向にあります。

それに対抗しなければならない中小規模の転職エージェントでは、自分たちの足で勝ち取った非公開求人を抱えている会社が多いのです。

例えば…

「40〜50代のエンジニアの転職」
「看護師限定の転職」
「IT・Web系の転職」
「医師・薬剤師などの専門職」
「キャリア女性のための年収アップ転職」

など、「転職」という総合的な大きなカテゴリーではなく、「〜のための転職」という副カテゴリーまでを含んだ専門性に特化しています。

転職エージェントを使うときの注意点は?

この項では、転職エージェントを利用する上での注意点についてお話ししていきたいと思います。

こんなにもメリットはありますが、やはりそれだけではありませんし、“リスク”とまでは言いませんが、それに近いものも存在します。

“する気”がないとダメ

転職エージェントに登録をして、面談をするときに“転職する気がない”とダメです(笑)

登録〜面談までして、「一切、転職なんて考えていない!」なんて人はもちろんいらっしゃらないでしょうが、「どんな求人があるか見に来ただけ」など、そっけないそぶりで対応してしまっては、エージェントも人間なので、それなりの対応になってしまうでしょう。

転職エージェントの醍醐味は非公開求人ですので、これも本気で転職する気がない人には公開しないです。

ブラックリスト入りしちゃう!?

実際にブラックリストなるものが存在するかはわかりませんが、似たようなお話しがあります。

某転職エージェントにて紹介を受けた企業の面接を当日ドタキャンしちゃった求職者の方がいらっしゃいまして、「面接の当日になったらなんとなく面倒になった…」と仰っていましたが、その後、某転職エージェントから仕事の斡旋を受けることができなくなっただけでなく、その会社の検索サイトまで利用できなくなってしまった…。というお話を聞いたことがあります。

転職エージェントも、求人主の企業とのお付き合いがありますから、企業へ紹介した求職者の方がドタキャン…となれば信用問題となります。

面接までお話しが進行したのならば、社会人としてきちんと受けましょう。

それから、内定のキャンセルなどを考えた場合にも個人的に企業に連絡を入れるのではなく、エージェント(担当)に相談を入れるようにしましょう。最低限のマナーや誠意を持って接すれば、ブラックリスト入りは免れるはずです(^ ^)

まとめ

amanita-Rということで、今回は転職エージェントの魅力な記事を執筆させていただきました!

併せまして、全10回でお送りして参りましたコラム特集『ココが間違い!?…な転職活動』も今回で最後になります。

「全部読んだよー♪」という方、ありがとうございます!そして、こちらの記事も最後まで読んでいただいてありがとうございます♪

かみてん!を気に入っていただましたら、ツイッターでのフォローでも、フェイスブックのシェアでもなんでも構いませんので、何かしらのリアクションがあると私もやる気が出ます(笑)

最後に…

転職エージェントに登録をする際は、一社のみに絞らないことが秘訣です!

非公開求人も数多存在しますし、担当者の性格も人間ですから求人にも反映されています。担当替えは関係性が悪くなりますし、(関係性を保てるようであれば担当替えもアリだと思います^^)最初から3社ほど面談をしてみて、それぞれから求人情報をもらって比較してみることがお勧めです!

まず最初に何からやったら良いの?

まずは、あなたが「転職をするかどうか?」を決めるための転職活動を開始しましょう♪

最初にリクナビNEXTに登録をすることが先決です。リクナビは求人検索サイトの中でも、もっともたくさんの求人情報が掲載されています。まずは、あなたの希望地域や職種、希望年収などから絞り込み、あなたのテンションが上がるような求人が掲載されているか?を確認してみましょう。

検索型サイトであれば、コンサルタントの目を気にすることなく、完全にあなたのペースで進めることができます。そして、空き時間で良さそうな求人を見つけたら、同エージェントであるリクルートエージェントに、直接相談してみるのも良いでしょう!

ひとつ、ポイントを言うならば、転職エージェントには、特化型のものが多いですから、専門職系を狙うのであれば、そこから更に深掘りして、専門職の転職エージェントにも登録しておくことが安パイでしょう。やはり、専門職特化型のサポートにはいくらリクルートといえ敵いません。

臆することはない!将来のために成功転職を実現させよう!

⇨リクルートエージェントに転職相談してみる!