30代が語る!6つの転職理由とおすすめ転職法!

dozul-Rよお。バズルだ。よろしくナ。

今回は「転職を考える30代のために」をテーマにいろんな角度から検証していくゼ。

まずは、30代が考える転職理由から始まり、30代のための転職活動法の伝授までをやっていく予定ダ。
よろしく頼むゼ。

まず、オレも30代の転職サポートを星の数ほどやってきたが、皆が口を揃えて言うのが、「もうあまり冒険はできないから…」ということダナ。

それもそうダ。20代の時とは違って、そろそろ人生を真剣に考えなければならない歳に来ているからナ。

20代ではあまり開かなかった“差”も30代に入ればあっという間に広がっちまう。
それに、20代では使えていた“ワザ”“武器”も30代に入ると通用しないことだってある。だからこそ、30代のために20代という準備期間があるんだガ、30代に入って転職を考えるお前さんは、何か決定的な不安や不満があるんダロ?

今は「なんとなくのイメージ」かもしれないが、この記事を読んで、少しでも明確にしてくれれば、オレも甲斐があるってもんダ。

それじゃあ、よろしくナ。

30代が語る6つの転職理由とは?

バズル

バズル
30代の転職希望の相談者から、いろんな意見を聞いているガ、その中でも多い転職理由がこの⑥つダナ。

30代が語る6つの転職理由とは?

  1. 会社の将来性が不安
  2. 他にやりたい仕事がある
  3. 給与面で不満がある
  4. 専門知識・技術面で習得したいことがある
  5. 残業が多い・休日が少ない
  6. 幅広い経験・知識を積みたい

それじゃあ、順に解説していくゼ。

①会社の将来性が不安

「え…?うちの会社…ブラック…?」

スクリーンショット 2016-04-20 19.44.48

dozul-R20代から30代へとステージを変えることによって、20代の時にはなかったライフプランが完成するナ。
そして、そのライフプランに合った会社選びが必須になってくるワケだガ、「このままこの会社にいても、実現させることができない!」と気付く年代でもある。

今の会社のままで40代、50代を迎える自分をイメージできないという人も多いくらい、将来性の見えない会社へ勤め続けることへの不安が大きくなってくるんダ。

転職は急務ではないガ、40代に近づくにつれ、転職することが現実的ではなくなってくる。
そんな30代だから、自分の将来のイメージが確立しているのなら決断は早いに越したことはないゼ!

将来性がある会社・安定している職種=上場大手企業・公務員などの安定職種
という構図も描けるから、転職を簡単に決めてしまうのは得策とは言えないナ。
オススメは転職エージェントに登録をしておいて、妥協なく、自分のイメージに沿った会社選びをすることサ!
この場合は焦りは禁物だゼ。

②他にやりたい仕事がある

「こんな仕事やってられるか!俺のやりたいことはこんなことじゃない!」

スクリーンショット 2016-04-20 19.53.51

dozul-R20代の時に仕事のスキルを積み重ねてきて、展望ができたお前さんだからこその不満だナ!

「20代で諦めた仕事を今ならできそうな気がする」とか「やっぱり諦めきれない仕事にチャレンジしたい!ラストチャンス!」という意見が多いナ。

この場合は、今までやってきた職種とは全く別業種に就くことが多いから、今までのスキルが通用しないことが多い。
だが、全くムダというわけではないよナ?20代の時にはなかった社会経験があるし、その差は歴然ダ。
別業種への転向を考えるのなら、善は急げ!だゼ。

新境地で学ばなければいけないことは山ほどあるから、お前さんが今の仕事を切り上げるスピードも大切になってくる!
当然、これも時間とともにチャレンジの幅は少なくなってくるしナ。

「やりたい仕事」という明確なものがあるのなら、まずはその仕事を探すことから始めようゼ!

③給与面で不満がある

「はっ!!もしかして、自分の給料って同世代の中で低い方なのでは!?」

f358414bd7ed46ea8f5e6384cb43c1d3bc81d6121883051

dozul-R20代の時には気付かなかった(差が開かなかった)ものだが、30代に入って役職の有無や、積み重ねたキャリアによって大きく差が開くことがある。
給与面は会社や業種によるものも大きいから、例えば同世代の友達が同じ主任という役職なのに年収が200万近く違ったり…そういうことはあるナ。

だが、これは気をつけてほしい。
30代というのは特に“一時的な差が開きやすい年代”でもあるゼ!
自分が目指している役職や、“40歳までにここまでは行っておきたい”という役職の先輩を見たときの所得で判断した方がいいナ。
今のままでも務め続ければ、40歳の頃には差が埋まっていることは多いし、この動機による転職は結構失敗が多い。

もし、今、給与面に不満があって、10年先輩の給与も見合わないものであれば、それは業界に依存している給与だから、転職を考えるべきだがナ。
ここは慎重になってくれ。

④専門知識・技術面で習得したいことがある

「このままじゃ、今と何も変わらなくね?」

281H

今の仕事に飽きちゃったカイ?
ステップアップとして何か資格を取得して次のステージに進みたい人もいれば、別業種で技術系の職に就きたい人もいるナ。

端的に言って、この理由で転職する必要はないんじゃないカ?
資格を取ってキャリアアップしたいのであれば、今の会社に勤めたままできることだし、別業種で技術系…というのなら、まずはその技術系の資格取得を考えてみるのがいい。

俺がサポートした人で、銀行マンが居たんだガ、一般業務ではなく、企業の再生支援を行う部署に異動申請を出し続けていた人がいたガ、必要資格も何も持っていなかったために何年も却下され続けていたことがあってナ。
だが、その男は「企業の再生支援」という仕事をどうしてもやりたい!という熱意もあったから、1年半という期間をかけて「中小企業診断士」の資格を取得して、その年に見事異動することができたゼ!

そんな風に、どうしてもやりたい仕事内容があったり、習得したい技術があるのなら、まずは“今できること”から考えてみるのもいいんじゃないカイ?

かみてん!には資格取得コンテンツもあるから、業種別に分けた必殺の資格をぜひ見ていってくれ!

⑤残業が多い・休日が少ない

「え…残業じゃないけど、仕事は済ませて?それって残業じゃ…?」

263H

dozul-R2015年に一層厳しくなった企業へのコンプライアンスの実施も1年が経ち、会社それぞれの解釈が出来上がってきたナ。

当初は、タイムカードに記載された時間以外での出社を強く制約していた会社も多かったが、実際のところそれでは仕事が回らない現状もあったりなどで、“タイムカードには載らない実質残業”が増えただけのように思えるナ。

国からの方針としては、人材の育成、経費の見直しと、それに付随する仕事効率(システムそのもの)の見直しが大枠だったのだガ、システムの見直しをせずに、ただ単にノー残業を実施するだけに留まった企業が多くあったナ。
今までのシステムのままで、社員の稼働時間のみを短くしたところで、仕事が回るわけがない!!ゼ。

そのことを未だに理解できていない会社経営者が多すぎるからこそ、経営者と現場でのギャップが生まれているのが現状ダ。

つまり、労働時間は今まで通りで、残業代のカットだけが浮き彫りになっている…ということダナ。

よほどの愛社精神がない限り、無償で仕事をしようなどという猛者はいないダロ?
だからこそ、この不満が出てくると思うのサ。

正直、コンプライアンスの実施から、とても効率の良いシステムを導入した会社はいくつもある。

“動きが解っている経営者”にとっては、経費〜システムまでを見直す良い機会となり、社員の労働時間を減らしたにも関わらず、会社の営業実績、売り上げは伸び、名実ともに給与アップに繋げている企業も少なくはないんダゼ?

きっと、お前さんの同業他社の中にも、そうやって業績を伸ばした会社がいくつもあるはずサ。

これはオレの個人的な意見だガ、そんな会社に転職できるチャンスがあるのなら、即決すべきだと思うゼ。

お前さんも、年齢を重ねて、人生の時間の重みを理解している頃だと思うし、これ以上“社畜”なんて呼ばれ続けるのは得策とは言えない。

転職サイトでも、コンプライアンスで好転した企業の特集をやっていたりもするし、そういった企業は知名度も上げてきているから、転職エージェントの中でも名が知られているから、紹介も受けやすいゼ!

⑥幅広い経験・知識を積みたい

「こんな狭い世界で終わってたまるか!」

259H

dozul-R隣の芝生は青く見える…と言ったところカイ?
30代は周りに出世する仲間も増えるし、飲みの席なんかでは、お前さんが知らない業界の専門用語が飛び交ったりもするだろうナ。
「もしかして、自分は凄く狭い世界だけで生きているんではなかろうか?」と疑問を抱くのも当然だガ、それは、お前さんの業界でのことを周りが知らないのと同様で、ただ“影響を受けている”だけかもしれないゼ?

だが、ファイナンス系の仕事や、流行に乗れるメディア系・IT系の仕事が格好良く見えるのも当然で、格好良く見える上に、これらの業界は平均所得もうなぎ上りだナ!
だからこそ「自分も!!」と息巻くのもわかる。

お前さんが今いる業界の10年〜20年先の将来性を考えて、下降気味か横ばいだろう…と考えるのであれば、転職を考えてみてもいいのかもナ。
だが、トレンドがあるということだけは忘れちゃあイケナいゼ!
今は格好良く見えても、将来的な落ち目というのは必ず来ることがある。
その時に、格好良さだけで転職をしてしまえば、格好良さがなくなったその転職先にも魅力がなくなってしまう。

30代の転職というのはこの先20年の展望がある人が優先的にしていくものだと思うから、ある程度は慎重になるべきダ。

30代での転職をするべき人・しない方がいい人

ここまでは、30代が語る転職理由を軸に話をしてきた。

ここまで読んでもらってるお前さんになら、もうわかっていることかもしれないが、30代での転職をするべき人とそうではない人をうまくまとめてみるゼ。

ズバリ!転職しない方がいい30代!

  • 周りのことが気になって転職を考えてしまう人
  • 一時の格好良さに流されてしまう人
  • 本当にやりたい仕事がない人
  • とりあえず今の仕事を辞めたいという人
  • ライフプランの設計ができていない人

ズバリ!転職した方がいい30代!

  • しっかりとしたライフプランがある人
  • 本当にやりたい仕事のイメージができている人
  • 希望年収、またそれに到達する時期を明確にしている人
  • キャリアアップをしたいが今の職場ではそれが叶わない人
  • うまくコンプライアンスを取り入れている会社で時間的束縛から解放されたい人

30代のオススメ転職方法!

30代は、なんてったって働き盛りだからナ。

転職に使える時間もない上に、転職先に出す条件だって、厳しくなってくるのが当然ダ。

変な凡ミスで転職失敗しないためにも、最初から転職エージェントに相談することをおすすめするゼ。転職エージェントは転職のプロだからナ。

時間面でも、転職活動にあまり時間をかけることができない30代には、転職エージェントのサポートが必須ってわけサ。

とにかく!一時の感情ではない、しっかりとした人生設計の上にある転職を心がけてくれい!そうすれば、自ずと転職成功者になれるゼ!

軽く転職エージェントの魅力を話すとすれば、「非公開求人」「専任コンサルタント」だナ。今までの求人情報誌や、転職サイトでは見たことがないような好条件の求人が用意されているゼ!

その膨大な求人情報をしっかりとしたヒアリングをした上で、お前さんにマッチしたものを持ってきてくれるのが専任コンサルタントってわけサ。

転職はどうしてもお前さん自身が動かなければならないことってのがたくさんあるから、任せられるものは任せちゃった方が時間の節約になるし、目の前のタスクに集中することができるからナ!

よく「料金はいくらくらいかかるの?」と聞かれるが、これらのサービスはほぼ90%の転職エージェントで完全無料ダ。

だからこそ、幾つかの転職エージェントに登録をすることができるし、それぞれの非公開求人を比較することもできるからオススメの方法なんダ。

バズル

バズル
それじゃあ、転職ライフ頑張ってくれよナ!

30代におすすめの転職エージェント!

30代転職なら転職エージェントのDODAがおすすめ!

なんてったって、知名度があるから良い求人が集まってるし、エージェントの質が良いから、余計な手間を取られることなく、転職活動に集中できるゼ。

DODAで転職活動するメリット

  • 専任のエージェントがあなたの希望にぴったりの求人をマッチングしてくれる!
  • 面接までに必要な書類などは経験豊富なエージェントが準備してくれる!
  • 新しい業界・業種にチャレンジしたい場合でも、エージェントから実情を教えてもらえる!
  • 自分の市場価値を客観的に評価してもらえるから、転職後の自分をイメージしやすい!

いますぐDODAで理想の自分を手に入れる!