わざわざ転職サイトから応募したい転職先ってある??

天職探しをしていると、どんな会社にしようか??とワクワクな反面、「きちんと正しい選択ができているんだろうか…?」と不安になってしまうことも、必ずあると思います。

私は、たくさんの転職希望者の方を見てきましたが、『次はこんな会社に入りたいんです!!』と未来のお話をしている時には、みなさん活発的で明るい印象ですが、今の会社のお話になると一転…くらーい表情になってしまいます。

それはやっぱり今の会社に何かしらの不安・不満があり、新しい会社には違って欲しい!!と期待していることに表れでしょう(^ ^)

ご友人の紹介や、同業他社への転職など…転職サイト経由以外の転職方法は無数にありますが、「どうせ転職するならお得に越したことはない!」ということで、今回は転職サイトを経由したほうがいいケースをお話ししていきます。

転職を考えた時の仕事探しの方法

転職先を探す時には、転職サイトを利用するのが最近では主流です。

miwa

miwa
転職先を探す方法は、必ず転職サイトからじゃなきゃってわけでもないでしょ??

それもそうですが、転職成功者に共通している点は、以下のふたつが挙げられます。

転職成功者の共通点とは?

  1. いくつもの転職サイトに登録をして、自分にあった会社を比較している
  2. 転職する時にダラダラと時間をかけない

転職成功者の彼らが、転職サイトなどを利用せずに(比較もせず)紹介の会社一択で転職を決めてしまうことはありません。

そんなことがもしあるとするならば、『自分の身の程よりも高い高い条件の求人がコネで転がり込んできた時』でしょう。

この場合は、転職サイトからの紹介は不可能でしょうから、考えられます。

こういった“稀なケース”以外は、しっかりと比較をして、「今の自分の市場価値であれば、このくらいの会社は狙える」という目星をつけます。

これを怠ってしまうと、転職に後悔してしまうことになりますから…。

鉄則!基本は複数の転職サイトを比較すること

成功者と後悔者の求人に対する考え方の違い

  • 転職成功者 > 複数の転職先をピックアップし、自分の市場価値と比較して狙えるギリギリを狙う
  • 転職後悔者 > 突発的に飛び込んできた求人に安易に飛びついたり、想像で会社の安定性を決めつけて転職する
miwa

miwa
こうやって言われてみれば、心当たりがあるわ…。

上記は、よくある例ですが、口を酸っぱくして言いたいことでもあります(^_^;)

ただし、複数を比較しますが、“じっくり検討”はしません。

自身が決めた判断基準で、ピックアップした求人を“素早く比較”します。

あまり考えすぎても、効果はないからです。

転職サイトを経由することで受けることができるキャンペーンも積極的に利用する

会社によっては、その時その時のキャンペーンもあります。

転職祝い金などがその例ですが、相場は10万円ほどですが、基本的には年収に比例して祝い金の額も増加しますので、「最大50万円」という高額の祝い金を受け取れる場合もあります。

icon_113250

Sさんは、3つの転職サイトで求人を比較していました。

3サイト共に求人に大差はなかったのですが、条件が同じにも関わらず、そのうち一つのサイトを経由すれば転職祝い金が出ることを知りました。

3つとも、受ける会社は一緒。

給与面、部署などの条件も同じ。

Sさんは祝い金の出るサイトから申し込みをし、面接を受けることにしました。

その結果、30万円ほどの転職祝い金を受け取ることができたのです。

これは、Sさんの例ですが、Sさんとあなたとの違いは「知っているか、知らないか?」ただそれだけだと思います。

こういったキャンペーンをやっている求人サイトのことを知っているだけで、副収入が入るのであれば、使わない手はありませんね。

 

これは、「わざわざ転職サイトから応募したい」のも頷けます。