転職サイトが多すぎてどれを使っていいのかわからない時の対処法

dozul-Rよう。バズルだ。

転職したいんだって?こないだ来た勇者も武闘家はやっぱりやめた!つって、魔法使いになっていったゼ。

お前さんも転職をするなら、まずは自分に合った職を見つけることだナ。

オレも今の職を見つけるまでは、散々悩んだことを覚えてるゼ。まぁ、100年くらい前の話だけどナ。

ここ天国では、KamiさまやTenshiたちが天職を授けているガ、人間界では転職サービスを使わないと、転職先が見つからないよナ。

難儀なことだガ、やるしかないよナ。だが、転職サイトって多いよな。どの検索サイトや転職エージェントが自分に合うサービスなのか?というのは、転職希望者からいつも寄せられている質問だゼ。

だがナ・・・安心しな。転職サービスが多いってことは、それだけ転職できる企業が多いってことサ。

転職サイトがどれだけの数あるか、知りたいカイ?

ハッキリ言って、どれだけの数あるかなんて問題じゃあないんダガ、業界自体が巨大な転職市場だから、大手だけでも数十社、中規模を含めると100社を超えるゼ。さらに細かいところも合わせていくと、その3倍は固いナ。

とんでもないよナ。

転職するときって、インスピレーションも大切だが、お前さんが就きたい仕事に出会うかどうかはサイト選び次第ってことサ。

転職エージェントにまで手を出すと、非公開求人なんてシロモノもあるから気をつけナ!正直、1サイトの中の求人だけで比較してると、甘いゼ。

猛者は何サイトも登録をして、その中から一番条件の良いブツを選んでるんだゼ。

次のコンテンツでは実際のサイトの選び方を解説していくが、まずはお前さんの希望を決めることだ。

世の中には星の数ほどの就職先があるからナ。

お前さんの希望は何だい?

  • 今の業種でもっと条件の良い仕事を探したい?
  • やりたいことが出来たから全く違う業種に転職したい?
  • 収入で選ぶ?(今の倍稼ごうと思ったら業種を変えたほうが良いかもナ)
  • 地域で選ぶ?(地元に帰りたいとかもあるよナ)
  • 年齢で選ぶ?(いろいろあるよ…ナ?)
  • 勤務時間で選ぶ?
  • キャリアアップしたい?

こんなに考えなきゃいけないことがあるんだゼ。たぶん、お前さんの中では大枠は決まっているんだろうけどな。

それじゃあ、星の数ほどある求人から、お前さんにピッタリの求人まで絞り込むコツを伝授してやろう。俺が100年前に転職先に悩んでいた時にKamiさまから教えてもらったことサ。

希望の転職先を絞り込む方法

まずは、以下の5つの希望条件を紙に書き出してくれ。

  1. 経験業種
  2. 年齢
  3. 希望給与
  4. 希望勤務地
  5. 希望労働時間

できれば、その中でお前さんにとって大切な優先順位も付けておいてくれ。
オーケーかい?

お前さんは、これから星の数ほどある転職先の中から、自分に合った転職先を探すことになるわけサ。転職サイトの数も山ほどあるんだゼ。

お前さんにもオレたちみたいにKamiさまがいりゃあ問題ないが、そういうわけじゃないダロ?まずは、自分に合ったサイトを見つけることをしなくちゃナ。

どのサイトが一番いいの?

たくさんある転職サービスの中で、自分に合ったサービスってどれ?どのサイトが一番良い求人が載ってるの?って、思うダロ?

その疑問も当然サ。

素人じゃあ、どのサイトが自分に合っているかなんかわからないからナ。自分で全部のサイトを調べ上げてる時間があるなら、将来のために勉強でもやってた方がいいしナ。

サイトには、それぞれ特化した「得意分野」があるのサ。

  • 医療系
  • IT系
  • モノづくりの技術者系
  • 保育
  • 福祉
  • ウェディングプランナー
  • 不動産
  • 英語
  • 経理
  • 法律
  • 士業
  • 金融

全く…言い出したらキリがないゼ・・・。

総合サイトは、大体満遍なくこの辺りのジャンルは網羅しているから余計に分かりづらいってわけサ。

わかるかい?“それぞれのサイトにはそれぞれのジャンルが満遍なく入っている”って意味が。

問題なのは、“そのサイトの中でも得意なジャンルが実はある!”というところサ。

一見すると分からないが、たまたま出会ったサイトで決めてしまうと、全ての求人情報が見れていないのサ。これからの人生がかかっている転職なのに、漏れがあると損した気分にならないカイ?

だからこそ、この「かみてん!」があるってわけサ!

用途に合わせて選ぶ!

お前さんにとって、何が大切か…なぜ転職をしたいのか…。
上で書いてもらった紙に書いてあるダロ?

いいカイ?

  1. 経験業種
  2. 年齢
  3. 希望給与
  4. 希望勤務地
  5. 希望労働時間

これが用途サ。
お前さんのハートにそれを焼き付けておくことが大切なのサ!

ハートだけじゃないゼ。
これから実際にサイトを使う時にも、そこに書いてあることを漏れなく希望条件に入れることサ。
実際に希望する職が、すぐに出て来ればいいがナ。

この下にサイトランキングを用意しておいたゼ。
初心者マニュアルに合わせて、検索系サイトを集めておいた。

ランキングに載っているサイトなら、どれでも満遍なく希望の職種を探すことができるゼ。

漏れなく探せるのかって?まぁ、そう焦りなさんナ。

まずは、サイトに登録をして、転職の第一ステップに慣れることサ。
サイトを使いこなすのはそれからサ。

>>> 数ある転職サイトの中から自分にピッタリのサービスを見つけ出す方法