製造業の技術系エンジニアの転職を考えた時の一番賢い方法とは?

dobol-Rあ、あー、あー。

ゴホンっ!失礼しました。

ようこそ!技術者エンジニア専門の記事へ!

ガイドのドボル!デス!

え?ロボなのかって?
失礼な!ワタシはれっきとしたTenshiデスよ!
今日はちょっと体調が悪くて顔色が悪いだけデス!

技術者の転職を考えてるんデスか?

一口にエンジニアと言っても、専門性はたくさんありますし、希望する職種も異なりますよね?

特にエンジニアの方は“ものづくり”の人ですから、職人さんが多いですし、意思も固いように思います。(僕は好きなタイプです^^)

ご自身の希望されるエンジニアの転職をするために考えるべきポイントを記事にしてみましたので是非見ていってくださいデス!

エンジニアの転職はそうそう見つからない?!

まず、このページでは4つの厳選した製造業・技術者の転職専門サイトを紹介するデス!

モノづくりは日本の宝デス!だからこそ、技術者の皆サンがより良い環境で働けることが大切デス!

ですが、求人サイトを見てみても、なかなか自分のイメージ通りの求人がなかったり…。

もう少し年収アップもしたい…。

という状況の方が多いです。

もちろん、技術者としてものづくりの技術は大切ですが、その他にも“やりがい”だったり“待遇面”を気にするのは当然のことデス!

そうやって絞っていくと、自然とダンナ自身のイメージからはかけ離れてしまって転職そのものを諦めてしまう…なんてことになっていたりしませんか?

ですが、安心してクダサイ!

実は、業界的には有資格者のエンジニアの求人は多いデス!

では、なぜ希望通りの求人を見つけることができないのか?

ズバリ!それは利用している転職ツールに専門性がないからデス!

選ぶべき転職ツールとは!?

スクリーンショット 2016-06-21 19.18.11

そもそも、専門サイトと一般サイトで何が違うか?から話をさせて頂くデス!

一般サイトは使ったことはあるデスね?検索型の転職サイトと呼ばれているものデス。

膨大な求人情報の中から、ダンナの地域や、職種、給与面を入力して、絞り出していくデス!その時に、出てくる求人は一般的に公開しているものがメインで、誰もが検索で見つけることができるものデス!ですが、こういった公開求人を取り扱っているサイトは専門性が乏しく、ユーザー全体をカバーするように作られています。

つまり、的を絞ってエンジニアの転職を専門的に扱っているサイトは“ゼロ”!ということデス!

エンジニアが使うなら検索サイトではなく、転職エージェント

検索サイトは、その全てが総合的な転職をサポートしているとお話ししましたネ。

これを前提に考えると、検索サイトをどれだけ検索しても、ダンナがイメージしているような好条件な求人は見つからない!ということになります。

ですから、ダンナが使うべきツールは「検索サイト」ではないデス!

では、何を使った方がいいのか?

それが、必殺の転職エージェント!デス!

ガ!ここでひとつコツがあります!

転職エージェントを利用するにしても、転職エージェントの中で、総合的な求人の取り扱いをしている会社(大手人材会社・企業上場などが運営)と専門的な会社(前者に対抗する中小企業が運営)に分かれます。

スクリーンショット 2016-06-21 19.26.43

もちろん、選ぶのは専門性の高い会社です!

どんどんニッチな方に絞り込んでいくんデス!

相談者

相談者
とは言っても、大手企業の方が良い求人がありそうだけど…?
ドボル

ドボル

そう思うデスか?

そもそも、エンジニアという職種に転職希望する人口は、転職者全体から言えばごくごく僅かデス!

なぜ、わざわざ小さな転職エージェントを選ぶべきなのか?

総合サイト(特に大企業が運営しているサイト)にはそのニッチな部門を拡大させる手間暇はないデス!しかし、その大企業のサイトに対抗したいサイトはどうでしょうか?

対抗するためには、大企業にはない求人を取り扱っている必要がありますね!しかも好条件の!ですが、どう考えたって、体力勝負になれば大企業には負けてしまいます。。。

ですから、主に中小企業が運営する転職エージェントでは、その専門性を売りにしている場合が多いのデス!

ニッチに特化している!というわけデスね!

転職エージェントには、もうひとつの良いところがあるデス!

それは、せっかく専任コンサルが付いても、その人が一般求人サイトと変わらない求人の中から案件を持ってきていたんではしょうがないデス!

プロと呼ばれるからには由縁があるデス!

専門職サイトでは、『非公開求人』と呼ばれるモノを扱っているデス!

一般の転職サイトやハローワークの求人には絶対に出てこない求人デス!

それらは、ダンナが今までにネットやなんかで見ていたソレとは全然違うデスから、雇用条件から給与から待遇まで、破格とも思えるようなモノが出てくるデス!

その中から、ダンナに案件を紹介するからこそ、内定率がいいデスよ!
もちろん利用料が発生する類のモノではないデス!

専門職サイトが良い理由は、なんとなくわかってもらえたデスか?

ただし、その専門職サイトも複数あるデス!

専門サイトの中でも、得意不得意があるから、特徴を読んで参考にしてほしいデス!そして、コツは、「ひとつのサイト=一人のエージェント」に絞らないことデス!

持ってる非公開求人もサイトそれぞれで違うデスから、最低3つくらいを比較検討しないと世界が狭くなっちゃって、イケナイデスよ!

自分自身がどんな専門になりたいのか?を明確化

先日、相談を受けた方にいらっしゃったんデスが、技術者の方は、転職活動を使って「自分の評価を得たい」と思う方が多いデス!

ですが、コレ。大きな落とし穴デス!

 

それじゃあ、お勧めの専門エージェントを紹介するデス!

第1位!テクノプロキャリア

業界の酸いも甘いも知り尽くした、1名1名と真摯に向き合うことが信条!

スクリーンショット 2016-06-21 19.32.25

テクノプロキャリア公式サイト

テクノプロキャリアのPoint!

  • 適職の紹介を通じて個人の夢の実現をサポートする
  • 適材の紹介を通じて企業の発展に貢献する
  • 人と企業が輝ける社会作りに貢献する

ドボルのココPoint!

dobol-R企業理念が印象的な会社で、IT・モノづくり企業が産業の根幹だ!と言う理由で技術者専門のサイト運営をしているデス!

IT系にも特化しているから、ものづくりの方は半分程度の求人しか持っていないけれど、企業自体が絶対オススメですから、もしダンナの専攻が…

  • 機械設計(筐体、機構、構造)
  • 金型/光学設計
  • 電気・電子回路設計(アナログ、デジタル、LSI、レイアウト、制御)
  • CAE解析
  • 生産技術
  • 品質管理・生産管理
  • FAE
  • 組み込みソフトウェア開発
  • 業務/Webシステム開発
  • ネットワーク/インフラ設計・保守・運用等々の技術職
  • 技術系企業の管理系の職種

この辺りに該当するならば、一度相談を持ち込んで見るのがベスト!デス!

案件数こそ大手のそれには敵わないかもしれないデスが、非公開求人の数は充分にあるデスし、何より「1名1名、1件1件と真摯に向き合う!納得のいかない案件は求職者に紹介しない!」というスタイルは特筆すべき企業デス!

  1. 確固たる企業理念!
  2. 全国のモノづくり企業の動向を察知できる業界ネットワーク!
  3. 専任コンサル=有資格者多数の専門知識!
  4. 業界に精通しているからこその転職ノウハウ!

テクノプロキャリアからPR情報

株式会社テクノプロ・キャリアは機械、電気・電子、半導体、IT関連エンジニアの方のための人材紹介会社です。

ご依頼頂いております職種は、機械設計(筐体、機構、構造)、金型/光学設計、
電気・電子回路設計(アナログ、デジタル、LSI、レイアウト、制御)、CAE解析、生産技術、品質管理・生産管理、FAE、組み込みソフトウェア開発、業務/Webシステム開発、
ネットワーク/インフラ設計・保守・運用等々の技術職と、技術系企業の管理系の職種と
なっております。

ものづくり、サービスづくりに携わる方々へのキャリアコンサルティング、適職紹介によって個人の方々に本領を発揮して頂く事を目指し、個人の方の幸せと企業の成長を支援し、世界経済の発展に貢献して参ります。

そのために1名1名の方、1件1件の求人に真摯に向き合いご紹介を行ってまいります。
キャリアプランニングや転職支援を弊社にご依頼頂くことで、個人の方々はご自身の職務での能力発揮に集中をして頂く事が可能です。

大手エージェントと比較して案件数は少ないですが、業種や職種に対する理解は深く、
ご希望に沿わない求人を無理に進める事はありません。
また、企業にご紹介を進める際も強みをしっかりとお伝え致します。

転職するべきか悩んでいる段階の方、書類対策や面接対策を希望されている方、案件だけ紹介して欲しいという方、様々なフェーズの方々へのサポートを手がけて参ります。

テクノプロキャリア公式サイト

 

第2位!メイテックネクスト

業界最大級の非公開求人数!

スクリーンショット 2016-06-21 19.42.06

メイテックネクスト公式サイト

メイテックネクストのPoint!

  • 非公開求人求人数が業界No.1!
  • 総合満足度5年連続No.1!
  • 多岐に渡るこだわり業種の転職案件!

ドボルのココPoint!

dobol-Rメイテックネクストは非公開求人の数に絶対的な自信を持ってるデス!
そして、しっかりと裏打ちされた実績もあって、総合満足度5年連続No.1を達成してるデス!

有効求人数が常時8,000件で、その80%が非公開求人ってなもんだから、とんでもないデス!

ひとつ注意するべきことが、得意地域が「関東一都5県」と「中部・関西の一部」デス!(2016年2月時点)

もちろん、求人は流動的デスし、「それ以外の地域の求人が全くなし!」というわけではないから、登録後に一度問い合わせてみるといいデス!

 

メイテックネクストからのPR情報

メイテックネクストはエンジニアに特化した転職支援会社です。

技術知識や業界情報に精通したコンサルタントが転職のお手伝いをいたします。
エンジニアの転職はメイテックネクストにお任せください。
<サービスの特徴>
■サービスはすべて無料
■エンジニア求人案件が国内最大級(毎月300件の新着求人)
■選考の通過率がグッとアップ!職務経歴書の書き方から面接対策までしっかりサポート
■技術知識・業界動向に精通したコンサルタントが転職をサポート
■ご登録いただいた方の個人情報はしっかり保護します

メイテックネクスト公式サイト

 

第3位!日本アルテック「ものづくり企業で働こう!」

きめ細やかなサービスで転職をしっかりサポート!

スクリーンショット 2016-06-21 19.48.35

日本アルテックのPoint!

  • 非公開求人多数!
  • ものづくり業界に特化した履歴書、職務経歴書、その他資料の作成方法のアドバイス!
  • 転職活動開始前の面談〜入社後のフォローまで手厚いフォロー

ドボルのココPoint!

dobol-R非公開求人数、企業理念では1位2位には敵わないものの、非常にバランスの取れた会社デス!

キャリアコンサルタントとの綿密な打ち合わせ、毎回来社しなくとも、電話やメール、Skypeでも対応してくれるところなど、他にはないサービスと言えますデス!

面談〜面接日設定はもちろん、内定後もしっかりとアフターケアをしてくれるところも特徴デス!

日本アルテックからのPR情報

100%ものづくり企業の求人サイト「ものづくり企業で働こう!」は

日本アルテック(株)が運営する、 「開発・設計技術者や加工技術者、
製造技術者のための転職支援&求人サイト」です。

◆ありそうでなかった!
技術者の声からに生まれた技術者の為の求人サイトです。
◆技術系の職種のみ多数ご紹介
本当にものづくりをしたい方の為の求人サイトです。
◆技術者専門の転職支援
転職や求人内容についての相談も出来、転職サポートも受けられます!(全て無料)

一般的な求人サイトでは、ものづくり企業はあまり掲載されていないのが現状です。
「ものづくり企業で働こう!」では、こんな企業もあったのか!という発見や
ものづくり企業の研究にも使えます!
まずは空き時間に眺めてみるという使い方がおススメです。
技術者の転職は「ものづくり企業で働こう!」

第4位!オールエンジニア

失敗しない転職活動に必要なのは情報量とスピードです!

スクリーンショット 2016-06-21 19.52.41オールエンジニア公式サイト

オールエンジニアのPoint!

  • 求人数100,000件以上!

ドボルのココPOINT!

dobol-Rまさかの有効求人数10万件超え!とは思ったのデスが、ここは有名企業と提携することで技術系エンジニア向け求人を精査している検索サイトデス!

リクルート、マイナビ、@typeなど、大手求人サイトから、技術者向け求人の絞り出しをしてくれているということデス!(ハローワーク求人含む)

各社の非公開求人は含まれていないものと思われるデス!
ともあれ、10万件もの求人を閲覧できるのであれば、登録する価値はあるデス!

*ただし、このサイトから数珠繋ぎで提携サイトに登録した場合は大量の求人関連メールが来ることが予想されるので気をつけるデス!オールエンジニアのみの登録をオススメするデス!

オールエンジニアからのPR情報

■失敗しない転職活動に大切なのは情報量とスピードです

モノづくりエンジニア、製造業技術者の転職を支援するサイト「オールエンジニア」。
掲載エンジニア求人数は10万件以上。
日本最大級です。

一番の特徴は、主要な転職サイトのエンジニア求人情報をまとめて検索、応募することができること。
また大手転職支援会社へ一括登録することも可能です。
時間のない方にぜひおすすめしたい転職サイトです。

オールエンジニア公式サイト

まとめ

dobol-R最後まで読んでいただいでありがとうございますデス!

今回は、エンジニアの転職エージェントランキングをお送りしましたガ、今回の4つのエージェント全てに登録をしてみるのもアリだと思うデス!

求人情報(特に非公開求人)には、その運営企業の理念や方針が色濃くですデスから、数社に登録してみて求人を比較することは転職業界では、定説デス!

4つくらいなら、面談を受けてみてから比較するにはちょうどいい数デス。

当サイトかみてん!は転職にまつわる様々なコンテンツを用意してあるデス!

他にも、お気に入りの記事を見つけてみてください☆