転職で環境を変えても自分が変わらないと意味がない?モチベ次第です

どうも(^ ^)転職探しのかみてん!管理人のコトです。

今回は、転職で環境を変えても自分が変わらないと意味がないという転職あるあるについてお話していきます。

現職の職場環境に不満がある転職希望者は、いつの時代でも多いですが、環境を変えるために転職するってどうなの?という点や、実際に職場環境を変えるために転職して成功した人はいるの?ということについてお話していきます。

この記事を読んで分かることは・・・

  • 転職で解決すること・しないこと
  • 転職を成功するパターン・失敗するパターン

僕自身も転職を経験しているので言えることですが、転職を決意して職場を変えても、一瞬にしてあなたの性格や癖が改善されるわけではありませんよね。

昔の僕は・・・

コト

コト
職場の人間関係がイヤだ!

とか

コト

コト
勤務時間が長すぎ!ブラックだ!

と、会社に対する不満ばかりをあげていました。

でもでも、それが嫌で転職をしてみても、転職後に、また新しい別の不満が出てくるばかりだったんです。

正直、転職すれば今の悩みからは解放されるかもしれません。しかし、それは根本的な解決にはならないんです!というお話。

「職場環境」と言っても色々ある

一言で、「職場環境が合わないんです・・・」という悩みを聞いても、実際に、その内容を聞いてみると、様々なケースがあります。

相談者

相談者
いつも、シーンとした辛気臭い職場がイヤだ!
相談者

相談者
上司に媚びていればOKな社風がイヤ!
相談者

相談者
生理的にイヤな人がいるんです!
相談者

相談者
私の会社はブラックです!絶対ブラックなんです!

何を「職場環境」と言うか?ということもすごく大切なことですが、実は転職したい理由を職場環境と言っている転職希望者には、ある共通点があります。

苦手はことは環境を変えても苦手

あなた自身が今、抱えている問題。それを解決したくて転職という二文字が考えに出ているのでしょう。ですが、今ぶつかっている問題は、本当に、避けても良い問題でしょうか?

アドレ

アドレ
なんでもかんでも逃げとったらあかんで!

厳しいですね(笑)

転職希望者から多くの相談を受けてきた僕の経験からすると、目の前にある問題を避けても、いつかは自分に返ってきます。なぜかというと、それは問題を解決したからではなく、問題から逃げたからです。

僕は、「人」「物」「環境」のせいにしないように!とアドバイスをしています。それらのせいにしていると、自分自身が成長する機会を失ってしまうからです。

今、職場であなたが苦手なことは、乗り越えなければ、ずっと苦手なままだとは思いませんか?

例えば、あなたが人間関係に悩みを抱えていたとして、その人間関係がウザったい!と、環境を変えて、嫌な人とは会わないようにすることもできます。

でもでも、会社というのは、たくさんの人が集まる場所です。どこかしらの会社に所属するからには、また同じようなタイプの人と出くわす可能性もありますよ〜、ということなんですね(^_^;)

そのたびに職場を変えていたのでは、身が持たないですし、キャリアを積むこともできません。あなたが嫌いな人のせいで、あなたの将来を犠牲にしてほしくはないのです。

あなたの苦手は舌舐めずりして待っている

ご存知の通り、完璧な人間というのは世の中にはいません。

みんな何かしらの欠点があって、その欠点と付き合いながら日々を過ごしています。そして、どうしても自分で自分が許せなかったり、その許せないポイントが原因で落ち込んでしまったりする時もあります。

ですが、欠点や苦手なものというのは、何をどうあがいても一生苦手!というわけではありませんよね。あなたが、その目の前の問題に立ち向かい、挑戦することで解決へと導くことができるのが「問題」なのです。

もしも、どうやっても物理的に解決できないようでしたら、それは「問題」ではなく「現象」です。そして、現象で人は悩みません。

あなたのどこにも原因がなく、起きている「現象」は、あなたの力で解決することができないからです。

職場に抱える悩みの原因が「現象」なら、諦めて転職するしかありませんね!でもでも、あなたに苦手意識がある問題は、今は避けることができても、いつかは向かい合わなければならないものです。

その、「いつか」が今なのか、先々なのか?ということですね。

どの会社に属していても、どんな職種に関わっていても、自分の本質的な部分はあなたにしか変えることができません。

転職で評価されること、されないこと

それでも、転職をしたい!転職が頭から離れない!という人向けです。

転職のイメージってネガティブなイメージを持っていませんか?

確かに、世間的にはそうかもしれませんね!

ですが、本当に転職ってそんなに悪いことなの?というお話をしたいと思います。

転職で評価されないこと

あるエージェントの方に聞いたところ、

転職希望者の方に対して、

  1. これまでどんな会社に勤めていたか?
  2. これまでにどんな仕事に関わってきたか?

という点を重点的に見るそうです。ですが、残念ながら、転職回数が多い方の場合は、あまりポジティブな印象にはなりづらいのです。

これまでの会社でよっぽど抜きん出た業績・キャリアを持っていたり、どこの職場でも優遇される有力な資格を持っている場合など、わかりやすい結果を残しているケース以外は、「粘り弱い」という判断になりがちとのことです。

転職回数が多いとは、具体的に言うと3社以上の方ですから、時間軸が全てを保証するわけではないですが、今の会社で何かを成しえてからの転職の方がベターです。

転職で評価されること

では、逆に転職がアリな転職者の方ってどんな人でしょう?

それは、上昇志向な人です。

ある転職成功者の方にお話を聞くと、こんなお話が聞けました▼

私が転職をする前の会社は、すごく環境の良い会社だったと思います。

正直、自分が望んでも、望まなくても結果が出せる会社でした。

見る人から見れば、良い会社じゃん!と言われてしまいそうですが(笑)

私自身は、結果が出てしまうことがすごく不安だったんですね。

ぬるま湯というか・・・

なんとなく、自分の成長がここで止まってしまうような気がして、

その会社に勤めている間、数年間は自分の壁と戦ってないことに気づいたんです。

それが怖くなってしまって、あえて仕事の内容が難しそうな業種にシフトしました。

と、こんな転職希望者の方がいました。

彼女は、自分の成長を望んで、あえて厳しい状況に自分を置いたんです。

鉄の原料は、もともと厳しい環境にあったものの方が強度の強い鉄ができると言いますが、まさにそのような感じですね。つまり、「うまくいかないから転職」という考えは、ちょっと待って!と早急かな…とは感じます。

「自分を成長させるための転職」であれば、転職エージェントも喜んで協力してくれますが、キャリアも経歴もない状態で、ただイヤなことから逃げる転職というのは、転職エージェントも転職先となる面接官も、見ればすぐにわかります。

このような人材は、なかなか取ってもらえないことが言えます。

僕とあなたがもし、直接の友人なら『今の会社を絶対に辞めるな!今以下はあっても、今以上の条件で転職できることはない!』と、声を大にして言います。

環境を変えたら変わること

ただし、人は環境(会社)が変わって、周囲の人が変われば自分自身も変わるものでもあります。それは、周りの人からの影響ってやつですね!

今の職場の人たちが文系ばかりで、あなたが体育会系の場合、どうしても職場の空気に馴染めない・・・ということは当然あります。

そういう時に、職場環境を変えてみて、

相談者

相談者
やっぱり自分には、こういう職場(職種)が向いている!

と、再度仕事に対して奮起することもできるでしょう!

今の仕事をしていて「辛い」「辞めたい」と常に思いながら仕事をするのと、

相談者

相談者
今の職場は合っている、職場には問題無い!問題は自分だ!

と強く、自分を奮い立たせるのと、やっぱり後者の方が力強く、長い目で見ると、結果も伴ってきますよね。

転職活動から進めてみるのもアリ

あなたの職場環境に対する悩みが、転職によって解決できることなのか?はたまた、転職ではなく、もっと別の道があるのか?は、正直、直接お話をしてみなければわかりません。

キタさん

キタさん
そんなの無責任だよ〜、ちゃんと悩みを解決してよ〜。

無責任ですか?いえ、無責任ではないんです。

僕は、わからない悩みに対して、想像だけで答えを出すことの方が無責任だと思います。転職に悩むことは、仕事に悩むこと。そして、それは人生に悩むことと同じなんです。

だからこそ、適当なことを言うのではなく、向き合いたい。

 

アドレ

アドレ
じゃあ、どうやって悩みを解決したらええの?!

まずは、転職活動をしてみましょう!

「え?いきなり転職活動?」

と思われそうですが、僕がここで言っている「転職活動」というのは、転職するかどうか?を決めるための転職活動のことです。

インターネットの環境(スマホ・PC)さえあれば、転職サイトを利用すれば、無料で情報収集をすることができる時代ですから、まずは、あなたが抱えている問題を解決できる転職先があるかどうか?を調べてみると、たくさんのことを学べますよ!

僕のように、理想の転職先を見つけることができるかもしれませんし、先日お会いした転職相談者の方のように、転職活動をする中で、自分の会社の本当の価値に気づくことができるかもしれません。

転職活動をして、どう感じるか?は人それぞれ違いますが、必ず得るものがある!ということは断言できます!

▼情報収集に最適なアプリなら「キャリアトレック」

http://kami-ten.com/careertrek/

本気で自分の市場価値を確認したいのなら、リクルートの転職エージェントに相談するのがオススメ▼

リクルートエージェントは、転職業界最大手の「リクルート」が運営する転職エージェントです。 知らない人はいない!というほど知名度の高い転職エ...