30代男:結婚するから収入アップしないと!の巻

バズル

バズル
よお。Kamiさま。なんだか久しぶりだナ。
Kami

Kami
ほ。バズルかい!ヌシがここに来るとは珍しいの!
バズル

バズル
そうだナ。
Kami

Kami
で、どうしたんじゃい?

なんか用があって来たんじゃろ?

バズル

バズル
ん。今ナ、オレが担当してる30代の男のことで話があってナ。

20代からずっと勤めている会社を辞めて、転職を考えているそうなんダ。

Kamiさま

Kamiさま
10年以上も勤めた会社をかい!もったいないのぉ…
バズル

バズル
やっぱり、そう思うカイ?

オレも最初はもったいないって話をしてたんだけどナ。

詳しく話を聞いていくと、そうでもないんダ。

Kami

Kami
ん?なんか悪いんけ?

職場環境に問題があるんけ?

バズル

バズル
いや、環境は良いらしい、とても働きやすい職場だし、本人は満足しているらしいんだが…ひとつ問題があってナ。
Kami

Kami
なんじゃ?なんじゃ?
バズル

バズル
その漢、昨年結婚したんだガ、先月、嫁さんに子供を授かったとのことなんダ。
Kami

Kami
ほう!そりゃあ、めでたいの!(ワシが授けとるんかの。)
バズル

バズル
そうなんだ。めでたいからこそ、その漢、これから産まれてくる子供のために収入アップを狙っての転職なんダ。今の給料じゃ、子供と嫁に苦労をかけちまうってんで、今の職場を離れる決心をしたんだとか。
Kami

Kami
20代から真面目に勤め上げとるなら所得もそれなりに上がっとろうて!
バズル

バズル
ん。オレもそう思ったよ。

ダガ、10年間で上がった給料は2万ぽっちなんだとカ。総支給でも年収300万に届かないそうダ。

Kami

Kami
幸せはカネでは決めれんが、それはちとシンドイかもしれんな!

して、ヌシはどうしてやろうと思っとんじゃ?

バズル

バズル
オレは、そんな嫁子供のために真剣に考えている男の中の漢ナそいつに幸せになってもらいたいゼ!
Kami

Kami
ヌシらしいのー。
バズル

バズル
そうカイ?

だからヨ、Kamiさま。
その男に天職を紹介してやってほしいんダ!

解説

Kamiさまはバズルの熱意に押されて、天職を与えることを決めた!

今回の相談者は、30代=男性=会社員、長年勤めた会社も、業界自体が不振なためこれからの年収アップが見込めないと判断!

自分はいい!だが自分を選んで結婚してくれた嫁、これから産まれてくる子供のためにも貧しい生活をさせるわけにはいかない!と転職を決断!

さあ!バズルは、しっかりと転職をサポートすることができるのか!?

30代で転職して収入アップできるのか?

dozul-R通常、30代で転職というと、同じ業界内での転職の方が楽に決まるナ。取得資格も、同業界関連のものを取得しているだろうしナ。

まずは、その資格や今までの経験を活かして、転職先を考える…というのが定石だゼ。転職すると新人になっちまうが、同業種だと経験と資格でスライドができるからサ。

だが、今回の場合は業界不振を転職の理由のひとつに挙げているナ。更に、メインの理由は「収入」だから、年収300万円からアップさせなくちゃあいけないゼ。

彼の希望を聞いたところ、最低でも年収500万円以上、希望は700万円くらい、とのこと。

ほぼ倍。200%ってとこだが、これだけの率を業績不振の業界で成功させるのは難しいゼ。

俺が出したプランはこれサ!

Plan①:役職を上げて年収アップ!

まず、わざわざ転職しなくても今の会社でも収入アップを狙う方法はあるゼ。

それは、役職に就くことサ。

「今の給料じゃ不満→所得アップの見込みがない!」っていう構図は、今の役職のままだったら…という予想に過ぎないと思うんダ。だったら、「役付きになるとどうか?」ということを考えてもらいたい。

  1. 役職が1段上がることで、年収はいくらアップするのか?
  2. 希望の年収になるためには何段アップさせないといけないのか?
  3. 仕事の内容を専門職に変更して、特別手当をつけることはできないか?

例えば、10年間、今のままの役職でやってきたのならば、自分の役職が上がることになかなかポジティブなイメージが湧かないかもしれないナ。

だが、役職を上げるために一番手っ取り早い方法があるゼ!

それは、新たな資格を取ることサ!

お前さんの業界によっては即効性のある資格が存在するゼ!

資格取得コンテンツに詳しい内容はまとめてあるが、業界の現状やトレンドを加味して資格選びをすることで、そういう影響力の高い資格を取得することが可能ダ!
コンテンツの中を覗いてみて、「役職+専門技術」がひとつにまとまっている資格を見つけることが出来たら、このPlan①は効果覿面(てきめん)だゼ!

Plan②:他業種に転職して年収アップ!

収入アップを狙って、他業種に転職を考えると今の業界からは考えられないような初任給を貰えるような業界もあるよナ!そこが、他業種に転職するときの良いところサ。

Plan①では役職2段階アップしないと貰えないような収入を確保することができるゼ。

他業種への転職を成功させるために気をつけたいところは、募集要項と実際に働いたときのギャップがないか?というのをしっかりとチェックしておきたいナ。
そうしないと、収入が良い仕事に多いのが「歩合給を含む給与」だったり、「勤続3年で〇〇〇万円!」なんてのは、意外と資格を持っている人の給与であったりすることが多いのサ。

しっかりと吟味して、転職先を選びたいもんだナ。

例えば、安定して収入の高い業種には「医療系」「士業系」「不動産業」「建設系」「運送系」などがあるナ。

ざっと挙げたから、もちろんこれ以外にもあると思うが、高所得の仕事にはそれなりに理由があって、まずは業界全体の売上動向が上向きってことダ。

他には、将来性も大切だナ。

何年か前に「ポン酢ジュレ」なんて商品が流行ったことがあったナ。あれは瞬間で火が付いて、“固形だからレシピが増える”とか“ゼリー上で必要な栄養が取れることで効率的”ってことで、関連商品や類似品もたくさん売れたナ。

製造業は他にも製造する商品があるから、この商品の動向には左右されないが、発案元はこの一過性のブームによって爆発的に株価が伸びたが、その後ブームと共に急降下したってことがあったよナ。

 

転職で加味する将来性っていうのは、こう言った一過性のものではなく、“業界そのものが絶対になくならないで安定している”ことが大切になってくるゼ。

さっき挙げた「医療系」「士業系」「不動産業」「建設系」「運送系」はその一例ってわけサ!

だからこそ、その業種では安定的に所得が高くなるゼ。

転職先の選び方はPlan③の後に教えるゼ?

Plan③:他業種に転職して資格を取得する!

つまりコレは、①+②ってことだガ、資格を持つことで手当が付いたり、キャリアアップの可能性が増したりっていうことは、どの業界でも一緒なのサ。

資格を取るタイミングは転職“前”でも“後”でもいいと思うゼ。

転職前に取れば、最初から手当は貰えるが、未経験でいきなり役職者というのは考えづらいからナ。
だが、転職先の間口は確実に広がるから、内定率は上がると言えるゼ。

転職後に取れば、手当はもちろん付くし、未経験ながら資格を取る意気込みがあるっていうことが買われるから、その後の評価アップは確実だナ。

どちらにせよ、「業界選び」と「効果的な資格選び」を間違えないことは重要だゼ。

ガイドライン

それじゃあ、待たせたナ。

今回は「30代で収入アップを狙う転職」の話をさせてもらったゼ。

俺が抱えている漢にも紹介する流れだが、もし、お前さんの現状が近いものならば、ぜひ参考にしてくれい。

ガイドラインとして、3つのページを用意したゼ。

キャリア転職の必殺技!転職エージェントを使いこなす!

転職に便利な「効果的な資格」選びに気をつけるべきこと!

今持っている資格を活かして転職する!